心のままに。偽りもなく。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、たまたま別のアドレスの
メールチェックをしていたら
先日亡くなった彼女のメールがきていました。
死ぬ直前だったのでしょう。

でもあえて内容は控えます。

ワタシは彼女に何度も言われてきました。
あの人は危険だと。
「また振り回されて傷つけられるよ」と
何度も言われてきました。

確かにそうでした。
優しい言葉をかけてるうちはよかった。
子供の人格で話せて楽しかったけれど
長い電話は迷惑だった。

ワタシのうちは年金生活で
病院も薬も公費だから
ワタシ自身 人と接することがだめなので
働くこともできない。
だからこそ携帯は兄が払ってるんです。

最初はちょっと話すつもりが長く。
それはこっちの話も聞いてもらえたし
メールをくれた人格だったから。

でも二回目は「5分だから」と
電話をかけたら別の人格になっていた。
「誰?」と聞いても「誰だろう?」という
主人格かと思われる。
1曲ですむと思ったら甘かった。
結局、40分かけたんだ。

自分だって親が払ってるんでしょう?
だったら少しは分かるのでは?
ほめて冗談を言ったら
それにのったかのようにだったら
「あれかってよ」とか真剣になったので
「それは無理」といったら
「あんたの冗談は冗談に聞こえないんだよ」と言った
あんたもね。

「あんたには常識がかけている」という頭でっかちな君は
常識どおり自分で働いて携帯使っているの?
一段、高いところからさも『お前よりは頭がいい』とでも
おもってるのかしら?
でもあなたでもかなわなかった相手はいるわよね?

難しい言葉を並べたってそれは自分を
必死で守ってるだけなんだよ。

人間弱いんだ。

痛いとこつかれると泣くんだよ。

友達が死んだ時
あなたはこういったよね
「何、悲劇のヒロインぶってんだよ 甘ったれが」
あなたは友達が死んでも泣けもしないんだね。
甘ったれというより冷酷だよ。

あの時彼女の助言を守っておけばよかった。

あなたがワタシを絶縁した時
彼女にメール送ったそうですね。
「あいつはヤバイからやめとけ」と。
余計なお世話ですよ。あなただってきついこというじゃないですか。
でも、彼女はワタシを守るために
あなたをメモリーから削除しワタシを選んでくれました。

パソコンメールで「いきてるの?」とメールのちにいったと思いますが
それは彼女の新しい人格がとった行為です。

優しいそぶりをして相手の痛いところを突く。

彼女の言ってた通りでした。
相当IQ高いんだろうね、だったら人傷つけずに
何かの役に立てればいいんじゃないでしょうか。

あなたはワタシ達のサイトから見に来てましたよね。
彼女はそれを怖がって
どんなに頑張っても怖い目から逃げられないと
いつもビクビクしていました。
もちろん家族のことで悩んでもいたけど
彼女の唯一の場所だったんです、ネットは。

きっとあなたは私の言葉を理解できないでしょう。
する気もないでしょう。

ワタシもあなたを理解するのはやめました。

彼女の気持ちを大切にします。

彼女が亡くなった理由はあなたにもあることだけを
絶対に忘れないでください。

ワタシはなくなる前日まで話していたし
メールもしていたから。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。